NEWS

もうコーヒー選び間違えたくない‼コーヒ店主が教える3つのコーヒーの選び方

以前、飲んだコーヒーがおいしくて…それに近いコーヒーを探している方も多くいると思います。

違うコーヒー豆を購入したけど、味が前の方が好きだった…と思っている方もいるんじゃないでしょうか?

そして、お店に行って、オススメのコーヒー豆ください、〇〇〇国のコーヒーがほしい、こう言った味わいが好き、酸味が嫌いとお伝えして購入される方も多くいます。

そこで、今回はコーヒー店主が教えるオススメのコーヒーの選び方を3つご紹介しますね。

一番、オススメの方法としては…

①好みのロースト(※焙煎度合い)を伝えることです

私のお店では、ダークロースト、ミディアムロースト、ライトローストで大まかにロースト度合いを変えてコーヒー豆を焼いています。

このロースト度合いで、同じ国の同じ豆を使用していたとしても味が変わってきます。

簡単に説明すると

ダークロースト。心地良い苦みと甘み。苦みが支配的にならないように、豆の風味特性が壊れないように、適切に熱を豆に伝えたダークロースト。苦みとコクとキレ、焦がしたことで甘みを感じることができるように仕上げています。

ミディアムロースト。苦みも少なく酸味も穏やかに。とてもバランスが取れた味わいの中にも豆が持つ風味特性が際立ちます。 

ライトロースト。豆が持つ本来の風味特性を浅くロースト事で引き出しました。豆の本来の甘みと心地良いポジティブな酸を楽しめます。コーヒーが持つ味わいの複雑性が素晴らしいです。

以前飲まれたコーヒー豆に近いコーヒーを探す場合は、このロースト度合いをお知らせする方がお店の人たちもオススメしやすいです。

焙煎が進むと豆は黒くなり、浅い豆だと茶色っぽい色になります。

この焙煎度合いの色や各ローストが持つ特徴で好みを探してもらえたら嬉しいです。

お店で一番人気があるのが、ダークローストタイプの豆(お店ではこくまろが一番人気です)でオーソドックスなコーヒーの苦みやコクとキレが感じられますので、初めての方はまずこちらのダークローストを基準として飲んでもらえたら嬉しいです。

ここで一点注意が必要なのですが、他の店舗やチェーン店の豆〇〇〇と近いのがほしいと、お店の人にお伝えする方もいらっしゃるんですが、他の店舗のローストのコンセプトやロースト度合いの情報が無いので、オススメする事がすごく難しいです。(コーヒー豆専門店をしていますが全てのコーヒー店の豆は申し訳ないですがわかりません😢)

あと国によってコーヒーを選ばれる方もいらっしゃいます。エチオピア、ケニアなど一部の国の豆は素晴らしい特徴があってわかりやすいんです。

けど、その他の国の豆は国固有の特徴が全くないわけではないですが、判別は難しくそこに収穫後の処理まで違ってくるとますます国で判別する方法が難しくなってきます。

もちろん、その国のコーヒーが好きでその国しか飲まないという方もいらっしゃっていいと思いますが、それぞれの生産国の農園の方たちが思いを持って作られた個性豊かなコーヒーたちですので、国だけではなく豆が持つ特性に重点を置いてもおもしろいと思います。

②風味特性や香りの印象を伝える

前に紹介した、ロースト度合いから次はコーヒーが持つ風味特性から選ぶ事もオススメです。

風味特性というと、果物や柑橘系に例えたりしますがここは難しく考えずに、簡単に分けて苦みがあるタイプ、酸味があるタイプ、お互いのバランスが取れたタイプにしてみます。

みなさんはどちらがお好みになりますか?

ここで難しいのですが、酸味を非常に自分は評価するのですが、多くの方はコーヒーの酸味が苦手な人が多いことです。

酸味というと皆さんなぜか非常にネガティブな評価になってしまうんですが、品質が高いコーヒー豆が持つ酸味は非常に素晴らしい特性です。味の複雑性が増し、コーヒーの味にいきいきとした印象や優しい酸味と甘みが合わさることの素晴らしさを感じさせてくれます。

酸味がネガティブな印象になってしまうのは、焙煎してから時間が経ちすぎて酸化した酸味や焙煎によって良くない渋みが出た豆の印象からだと思います。以前、良くないコーヒーを飲まれた事での影響かもしれません。

※当店の賞味期限について
『おいしく飲むには豆で保存し早期に飲む事をオススメしています。当店では豆で保存の場合焙煎後60日、粉で保存した場合30日の賞味期限としています。購入してご自宅で一番おいしく飲んでいただきたいので、当店では原則焙煎して10日以内の豆のみ販売しております。』

そして、この酸味を少なくしようとすると、焙煎を強くかなりの深入りにすれば豆の成分も焼かれて酸味も消えるんですが、苦いだけのコーヒーになりせっかくのコーヒーが持つ風味特性も消えてしまうので当店では扱っていないコーヒーになります。

ですので、コーヒーが持つポジティブな酸味を楽しんでいただけたらとても嬉しいと作り手として感じています。

後は、香りもよく聞かれます。

どれも素晴らしい香りがするコーヒーたちですが、重厚な香り、爽やかな香り、特徴的な香りなど具体的な香りを教えていただけるとご紹介しやすいですね。

③それぞれの店舗の特徴やコンセプトを知る

コーヒー豆を扱っているお店は、どこもだいたい一緒だろうなぁと思って来る方も多いと思いますが、ところが‼

同じコーヒー店でもかなり違っていきます。自分の印象だと同じ豚骨ラーメンでも店が違えば味が違うのと一緒ぐらい違います。←ちょっと言い過ぎ?笑

例えば自分のお店はスペシャルティコーヒー専門店で品質の高い豆を使用しています。販売価格が高いとの声を聞きますが、おいしいコーヒーを飲んでいただきたいとの思いから、豆選びからお店で使用する焙煎機、コーヒー器具たちも世界基準で良いものをと考えて投資しています。

ローストの動画はこちらです↓↓↓
https://m.youtube.com/watch?v=OIHbZM1huWY&t=7s

生産国の方が思いを込めてコーヒーを育て豆を収穫処理したおいしい豆たちです。その豆のポテンシャルが最大限いきるようにローストを行っている豆になります。

さきほどお伝えしたロースト度合いなのですが、これもお店によって違います。

私のお店の例だとダークローストと分類はしていますが、豆の特性が消えるようなとても深いローストはしていません。ローストが進むと単純にいうと炭に向かっていっている事になります。豆の特性も消え苦みだけのコーヒーはお店では出していないです。

お店によっては、豆そのものの味わいが感じられる浅めのコーヒーだけのお店もあったり、とても深いコーヒーのみのお店もあります。お店のコンセプトや特徴もある程度ご理解いただけたら、コーヒー選びにも間違いは無いと思います。

お店の者としては、このコンセプトを聞いてくれる方とても嬉しいんです(^^)

ぜひ、お店の人にも聞いてみてくださいね。

細かい事をいろいろと書きましたが、自分のお店では取扱いのコーヒー豆のテイスティングもできますので、ぜひ実際に飲んでローストの違いや、それぞれの豆が持つ特性を感じてコーヒー選びができますよ。

ぜひ、お店で皆さまのお越しをお待ちしておりますね。

コーヒー通販も行っていますのでぜひこちらもご利用くださいませ。

https://wonderfulworldcoffee.shop

1杯のコーヒーでゆっくりリラックス。そういう力がコーヒーにある事を信じて皆さんにこれからもコーヒーをお届けしますね。

WONDERFUL WORLD 珈琲
営業時間 11:00~18:00
定休日 水曜・木曜
※日曜祝日 17時Close

※当店は焙煎したコーヒー豆売り専門店です。
テイスティングは閉店1時間前終了、ドリンク提供販売は閉店30分前終了。
☎️0986-21-1141