ブルマス・デル・スルキ100g ライトロースト
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

ブルマス・デル・スルキ100g ライトロースト

¥900 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉(ペーパーフィルター用)

===================== ◎コーヒーの特徴 ===================== ベリー、フローラル、オレンジ 心地良く広がる甘さとコスタリカらしい華やかな酸味がとても素晴らしいです。この豆が持つ特性がわかりやすいライトローストで仕上げました。 ===================== ◎コーヒー豆データ ===================== 生産国:コスタリカ 地域:セントラルバリーエレディアサン・イシドロサン・フランシスコ 農園主:ファン・ラモン・アルバラード氏 栽培品種:ビジャサルチ 標高:1,300~2,000m 面積:合計46haほど 生産処理方法:ハニー/アフリカンベッド マイクロミル創設年:2001年 ローストカテゴリー:ライトロースト 豆が持つ本来の風味特性を浅くローストすることで引き出しました。豆の本来の甘みと心地良いポジティブな酸を楽しめます。上質なコーヒーが持つ複雑性が素晴らしいです。 ===================== ◎産地の特徴 ===================== 1890年、ファン・ラモンさんの曾祖父が現在ブルマス・デル・スルキ・マイクロミルがある場所で始めたコーヒー農園は、ファン・ラモンさんのご両親、ファン・ラモンさんへと長年にわたって受け継がれてきました。 現在、コスタリカには200以上のマイクロミルがありますが、2001年にファン・ラモンさんによって設立されたブルマス・デル・スルキ・マイクロミルは、当時コスタリカでニ番目にできたマイクロミルでした。 ファン・ラモンさんは農学博士でもあり、現在コスタリカのマイクロミルで大変ポピュラーな生産処理方法である「ハニープロセス」を確立し、普及させた方でもあります。 「自身で栽培したコーヒーチェリーをメガミル(巨大生産処理場)に納め、それらが他のチェリーと混ぜられ、“コスタリカコーヒー”として売られるのではなく、自分たちの手で生産処理をし、一貫した管理の下、 高品質なコーヒーを自分たちの名前で販売したい」という考え方の下で生まれたのが「マイクロミル(小規模生産処理場)」です。 このコスタリカでの「メガミルからマイクロミルへ」という流れが「マイクロミル革命(Micro Mill Revolution)」と呼ばれています。ファン・ラモンさんは、マイクロミル設立の先駆者のお一人でもあります。 2012年の優勝、2015年の2位をはじめ、カップ・オブ・エクセレンスでも継続して優れた成績を残されており、現在では、自ら生産者でありながら研究を重ね、周りの生産者の方々への指導も行っています。 賞味期限について おいしく飲むには豆で保存し早期に飲む事をオススメしています。当店では豆で保存の場合焙煎後60日、粉で保存した場合30日の賞味期限としています。購入してご自宅で一番おいしく飲んでいただきたいので、当店では原則焙煎して10日以内の豆のみ販売しております。 ※送料について 『九州中国¥690、四国関西¥780、北陸東海信越関東¥900、東北¥1400 沖縄¥1300 北海道¥1700』となります。 ※発送について 注文いただいた日より、営業日7日以内の発送になります。定休日が水曜木曜になります。水曜・木曜や年末年始、臨時のお休みなど受注発送対応が遅れますので、何卒ご了承くださいませ。発送後も交通状況や天候などの影響で遅延が発生する可能性があります。